珠肌ランシェル,ビーグレン

珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonで買えない?最安値は?

珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonで買えない?買える。最安値はどこ?珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonではなくこちらが実は最安値なんです。

珠肌ランシェルとビーグレンを徹底比較 何が違うの?


 

シワやシミに効果のある美白美容ケア商品といえば、「珠肌ランシェル」と「ビーグレン」。

 

珠肌ランシェルは1つで11個の役割を果たしてくれるオールインワンジェル。

 

ビーグレンは主にライン使いの商品で、とくにシミケアには注目度が高い商品。

 

エイジングケアとしてよく目にする2つのスキンケアですが、どのような効果の違いがあるのでしょうか。

 

オールインワンジェルとライン使いのほかに、成分や価格を徹底比較してみました。

 

エイジングケアで悩まれている方の参考になれたら幸いです。

 

効果の違いはあるの?

エイジングケアとしてどちらか購入を迷っている方に、珠肌ランシェルとビーグレンの効果の違いについてご紹介します。

 

珠肌ランシェル

珠肌ランシェルは「タマゴ由来」の成分からできている、シワやたるみに強いスキンケア商品です。

 

タマゴの内側の薄皮―卵殻膜は古来より傷の修復やスキンケアとして使われてきた自然からの贈り物です。

 

卵殻膜にあるLOX酵素はお肌のバリア機能を高めてくれるので、お肌に水分や油分を溜めこむ力が高まり、シワやたるみ改善に繋がるのです。

 

珠肌ランシェルにはシワやたるみに効果ある成分のほかに「セレプロン」というシミに効果の高い成分も含まれています。

 

セレプロンとは紫外線などのお肌に受けた刺激でメラニンが生成するのを抑制する働きがあります。

 

日焼け止めや日傘では紫外線は完全にシャットアウトできませんが、美白ケアとして毎日使うことができる珠肌ランシェルはシミ対策としても有能なのです。

 

ビーグレン

シミに強いケアアイテムとして名高いビーグレン。

 

成分には「ビタミンC」と「ハイドロキノン」が含まれています。

 

ビタミンCはシミのほかに、ニキビやニキビ跡などのお肌トラブルに効果があります。

 

ハイドロキノンはシミの原因の紫外線をブロックしてくれる成分です。

従来のハイドロキノンは肌に浸透しづらく、酸化しやすいので肌の奥まで届かないことが問題となっていました。

 

しかしビーグレンは独自のテクノロジーで少量でも肌の奥まで届くハイドロキノンのカプセルの開発に成功。

 

皮脂ではじかれていた従来のハイドロキノンに比べて、肌トラブルの元まで浸透できるので美白効果が高いのです。

 

珠肌ランシェルはシワやたるみに特化したスキンケア商品。

ビーグレンはシミを重点的にケアするスキンケア商品といえるでしょう。

 

珠肌ランシェルはシミにも効果のある成分も含まれているので、エイジングケアとしては珠肌ランシェルに軍配が上がりそうですね。

 

使い方の違い

珠肌ランシェルはオールインワンジェル。

ビーグレンはライン使い。

 

使い方やテクスチャーのメリット・デメリットがあるのか、その違いについて詳しくご紹介しますね。

 

珠肌ランシェル

珠肌ランシェルは洗顔後に使うだけのオールインワンジェル。

1つのジェルで11個の役割を果たしてくれます。

 

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • 美容液
  • パック
  • 化粧下地
  • アイクリーム
  • 保湿
  • 肌バリアの悩み
  • シワの悩み
  • シミの悩み

 

オールインワンジェルはライン使いと比べて保湿力が弱いイメージがありますが実際はどうなのでしょうか。

 

珠肌ランシェルは薄ピンク色のジェルです。

薄ピンク色のわけはシワ・たるみに効果の高いLOX酵素がたっぷり配合されている証拠なのです。

 

テクスチャーは柔らかく伸びがいいのでジェル本来の浸透力があります。

珠肌ランシェルは化粧水や乳液のほかにクリームやアイクリームといった保湿力が高い機能も含まれているので、乾燥肌の方にも保湿が十分いきわたると思いますよ。

 

ビーグレン

ビーグレンはライン使いの商品です。

洗顔フォーム・化粧水・乳液・クリーム・美容液の4~5個を1セットとして使うことをおすすめしています。

 

洗顔からのエイジングケアは珍しいですよね。

ライン使いのメリットは同一ブランドを使うことで効果が高まるということ。

 

メーカーによって化粧水と乳液の成分の相性が悪いなんてこともないので、安心して使うことができます。

 

洗顔フォームはなかなか泡立たないので、慣れないうちは少し抵抗があるかもしれません。

 

化粧水も保湿力があるのかなと心配の声も上がるくらいさっぱりしているようです。

しかし心配はありません。

 

乳液やクリームがゲルタイプなのでしっかりと化粧水の水分をお肌に閉じ込めてくれるようです。

 

育児や家事に忙しいママ世代の方は洗顔後のケアが1つでできる珠肌ランシェルがおすすめです。

 

手間を惜しまない方や時間に余裕がある方はビーグレンのライン使いが合っているかもしれませんね。

 

ただ、ライン使いが絶対効果が高いというわけではありません。

同じメーカーの商品でも化粧水や乳液など好みに合わせて使い分けることが難しいですよね。

 

洗顔は泡たっぷりで洗いたいと思っていても、ライン使いだとなかなか抜け出せないなんてことがあります。

 

購入価格の違い

珠肌ランシェルとビーグレンの購入価格について比べてみました。

 

オールインワンとライン使いなので多少価格の違いはあると思いますが、せっかく試すならお得な情報を知りたいですよね。

 

珠肌ランシェル

珠肌ランシェルは公式サイトのみの販売となっています。

 

通販サイトのamazonや楽天でも販売されていないようですが、公式サイトではかなりお得な価格で購入できます。

 

通常価格1本あたり5,490円。

1本約1か月分です。

 

しかし定期便での購入ならぐ~んとお得に購入できることがわかりました。

定期便なら初回は57%OFF。

2本セットで4,590円で購入できちゃいます。

なんと1本あたり2,295円で購入できるので、単品購入よりもはるかに安いですね。

 

しかも送料無料なので、じっくりお試したい方は定期便がおすすめです。

 

定期便の解約も電話1本でいつでもできるので安心して購入検討できますよ。

 

珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonで買えない?最安値は?

 

ビーグレン

ビーグレンは7日間試せるトライアルセットが魅力。

 

しかも8種類のトライアルセットがあるので、お肌の状態に合わせたスキンケアを選ぶことができます。

 

価格は1,944円と他社のトライアルセットよりも少し高め。

7日間という短期間ですが、それぞれの肌トラブルに合ったスキンケアを試すことができるので購入検討したいですよね。

 

トライアルセットを試した後は、ビーグレンは単品購入よりも定期購入が断然お得です。

単品購入だと1本1本の商品がやや高め。

 

洗顔フォーム4,212円

化粧水5,400円

乳液5,076円

クリーム6,480円

 

ライン使いではトータルの価格がどうしても高くなりがちですが定期購入だと毎回割引してくれます。

 

しかも注文個数に合わせてどんどん割引がアップする仕組み。

単品購入でも5%OFF、どんどん購入すると最大で25%OFFも割引してくれます。

 

定期便だと送料無料で代引き手数料も無料とうれしいことだらけ。

 

定期便のキャンセルや延長も電話ですぐに対応してくれるので、安心して購入検討ができます。

 

まとめ

珠肌ランシェルとビーグレンは効果も使い方もそれぞれ違いがありましたね。

 

シワやたるみにプラスしてシミにも効果のある珠肌ランシェルは価格も使い勝手もビーグレンに比べると使いやすい印象があります。

 

忙しい現代人や子育て中のママには珠肌ランシェルのスキンケアアイテムがおすすめのようですね。

 

≫珠肌ランシェルの公式サイトはこちら

 

 

 

この記事に関連する記事一覧