珠肌ランシェル 薬局

珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonで買えない?最安値は?

珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonで買えない?買える。最安値はどこ?珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonではなくこちらが実は最安値なんです。

飲むだけでスキンケアに繋がる!!7つの飲み物


 

美肌のスキンケアには外側からアプローチする化粧水や乳液と、内側からアプローチするものがあります。

 

とくに内側からのアプローチはとっても大切。

どれだけ外側から化粧水や乳液を使ってスキンケアしても、受け止めることができる器がボロボロだと効果が出にくいです。

 

からだの内側のアプローチには食べものや飲み物などお肌に良い栄養を与えることが、大切です。

 

食べものはカロリー計算をしたり料理をしたりと、忙しい生活を送っている方には続けることが難しいかもしれません。

 

その点飲み物は、手軽に飲むだけ。

毎日続けることができるのでおすすめです。

 

今回はスキンケアに繋がる飲み物をご紹介しますね。

 

スキンケアに効果のある飲み物

飲むだけでスキンケアに効果のある飲み物はどのようなものがあるのでしょうか。

アレルギーや好き嫌いもあると思いますので、自分に合った飲み物から始めてみてはどうでしょうか。

 

常温のミネラルウォーター

お肌の内側の水分補給には「水」が1番最適です。

化粧水や乳液で保湿をしても、それはあくまでも外側のケア。

 

お肌の内側の水分を維持するためには水を飲むことでしか潤いません。

 

飲む場合は白湯か常温のミネラルウォーターがおすすめ。

水分の吸収が早く、お肌の新陳代謝を促す効果があります。

 

そのためミネラルウォーターを飲むと便秘解消したりとデトックス効果やむくみ改善にもつながります。

 

お茶

お茶には「カテキン」という抗酸化作用がある成分がたっぷり含まれています。

ニキビによる肌荒れや老化を防ぐ効果がありますよ。

 

お茶の中でもとくにスキンケアに効果のあるものは「緑茶」と「ハト麦茶」です。

 

緑茶

緑茶にはビタミンCとクロロフィルという2つの美肌成分が入っています。

ビタミンCは美白美肌に効果が高いとよく知られていますよね。

 

クロロフィルは肌細胞を活性化させることでターンオーバーを促す効果があります。

 

シミやそばかす・くすみ肌を改善する効果が期待できますね。

 

ハト麦茶

ハト麦茶は普通の麦よりも栄養価が高いです。

アミノ酸やカリウム・鉄・カルシウム・ビタミンなどのバランスよく、からだだけじゃなく美肌の栄養に効果的なものばかり。

 

ハト麦茶は新陳代謝の能力を高めるため、シミやシワの改善だけじゃなく保温効果が高い。

お肌の冷えから守ってくれるので、内側からの保水効果がスムーズにできます。

 

大昔からハト麦は「いぼ取り」で有名なお茶でした。

実績のある美肌効果の高い飲み物ですよ。

 

ハーブティ

ハーブティといっても種類はさまざま。

妊婦さんも飲めるくらい安全性が高いものからお肌にとってもいいハーブティがたくさんあります。

 

とくにスキンケアに効果的なハーブティをご紹介しますね。

 

ローズヒップティ

ローズヒップにはビタミンCがたっぷり含まれています。

ビタミンCは免疫力が高く、紫外線でダメージを受けたお肌の肌細胞の修復を促してくれます。

 

シミやシワの解消だけじゃなく、毛穴やたるみの引き締め効果も高いです。

 

ローズピップティは美肌で有名な芸能人からも愛されている飲み物です。

 

ルイボスティ

アンチエイジングの代表的な飲み物、ルイボスティ。

 

ルイボスティにはスーパーオキシドジムスターゼという抗酸化成分が含まれているので、お肌の老化から守る力があります。

 

栄養価も高く、マグネシウム・カリウム・ビタミンC・カルシウムなどがバランスよく配合されています。

 

ルイボスティはスキンケアに効果があるほかに、女性に嬉しい効果があります。

女性ホルモンを促し妊娠しやすいからだに近づけるなど、妊活されている女性の味方です。

 

お酒

過度のアルコールはお肌の大敵ですが、アルコールの中にはスキンケアに効果的なものがあります。

 

ワイン

とくに赤ワインはアンチエイジングとして有名な飲み物ですよね。

 

赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれていることで、抗酸化作用による肌老化からお肌を守ります。

ニキビや肌荒れに効果的で、ストレスや紫外線による影響をシャットアウトして美肌に導いてくれますよ。

 

お肌だけじゃなくポリフェノールは老化現象による健康状態を改善すると研究結果が出ているくらい、お肌とからだにとっても良い飲み物となっています。

 

日本酒

日本酒は麹菌による発酵されたお酒。

麹菌にはお肌を活性化させる力があるのでアンチエイジング効果としてシミやシワ・たるみを改善してくれます。

 

また紫外線によるシミのもと、メラニンの生成を抑える働きがあるので美白効果もありますよ。

 

お酒はスキンケア効果があるからといって、過度に飲みすぎてはいけません。

1日1~2杯程度におさめましょう。

 

スキンケアに向かない飲み物

スキンケアに向かない飲み物もご紹介しますね。

日常生活で注意するだけで、美肌に繋がります。

 

カフェインが含まれている飲み物

カフェインが含まれている飲み物は、摂りすぎるとからだに弊害をもたらします。

とくに代表的な「コーヒー」は注意が必要。

 

1日5~6杯以上飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

カフェインは利尿作用が強く、お肌に必要な水分も維持できなくなり保湿効果が高まりません。

 

また成長ホルモンに影響を及ぼすため、お肌のターンオーバーサイクルを乱し肌細胞の生まれ変わりを阻害してしまいます。

肌細胞が生まれかわる力が阻害されてしまうと、シミや肌のくすみが蓄積されやすくお肌の老化を招きます。

 

カフェインで注意したい飲み物はコーヒーだけではありません。

栄養ドリンクも要注意です。

 

栄養ドリンクにはカフェインのほかに糖質も含まれているので、肌の糖化を促しお肌の老化に直結してしまいます。

 

冷たい飲み物

暑い日は冷たい飲み物がおいしく感じますよね。

喉の爽快感もあるので、ついつい飲みがちですがお肌にとってはよくありません。

 

常温の水はお肌の水分の吸収を早めますが、冷たい水だと吸収を阻害してしまいます。

 

またからだやお肌が冷えたことで、肌代謝が悪くなりお肌のターンオーバーや細胞の働きが鈍くなってしまいます。

 

喉が乾いたら、冷たい飲み物はほどほどにして常温や温かい飲み物を飲む習慣をつけましょう。

 

まとめ

スキンケアは飲み物を少し意識するだけで、美肌に近づくことができます。

 

からだにいい飲み物はお肌にとってもいいのです。

 

からだの内側のスキンケアを見直すことで、外側からのアプローチもより効果が高まりますよ。

 

明日からチャレンジできる飲み物ばかりなので、試してみてはいかがでしょうか。

 

それでもなかなかうまくいかないなら珠肌ランシェルも一度使ってみるのもいいでしょう。