珠肌ランシェル 薬局

珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonで買えない?最安値は?

珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonで買えない?買える。最安値はどこ?珠肌ランシェルは薬局、楽天、Amazonではなくこちらが実は最安値なんです。

目元のシワを改善される4つの方法とは?


 

年齢とともに誰もが気にし始める目元のシワ。目元もシワをどうすれば効果良く改善することができるのでしょうか。

 

若々しい印象を得るために、目元のシワを改善方法を調査していきましょう。

 

目元のシワを改善することができる4つの方法になります。

 

化粧品でケアをする

化粧品でも、化粧水・乳液・クリーム・美容液などいろいろあります。それぞれ使用方法によってケアすることができるアイテムです。

 

化粧水はパックで使用することで効果が得られます。コットンに化粧水を浸して、目元に貼るだけです。

 

乳液は塗ることにより、顔表面の水分と油分をバランスよく補いあいしっとりした肌に保ちます。目元だけではなく顔全体をケアできるアイテムです。

 

クリームは肌に栄養を与えてくれます。栄養を補強することにより顔が生まれ変わってくるかも知れません。

 

夜のお手入れにはぜひ入れたい、アイテムになります。

 

美容液は集中的改善ケアの要になります。目元のシワを改善させるのであれば、目元用の美容液を選択しましょう。

 

目元もマッサージをする

顔の表面でも、血行が悪くなるとお肌は張りを失っていきます。そうならないために、きちんとマッサージを行い血行が不順にならないようにしなければなりません。

 

目元の皮膚は、弱いので優しく皮膚を刺激しないでマッサージをしていきましょう。

 

目元のツボを刺激する

目元のシワにきくツボとして、まゆげの下あたりの「さんちく」というツボを刺激します。

 

ツボを押すことによる効果としては、目の周囲の血行改善・顔のくすみ、小じわの解消 疲れ目を癒やすとなります。

 

目の端にある「瞳子りょう」というツボも刺激します。こちらの効果は、乾燥肌の改善・小じわ改善・目の周囲のたるみを改善します。

 

眉毛の恥にある「しちくくう」というツボも目元のしわのきくツボです。

 

効果は、しみ、しわの予防・むくみ防止になります。

 

目元をエクササイズする

筋肉を鍛えることにより、シワが改善されます。

 

注意点があります。早くシワを改善させたいと思いやり過ぎてしまうと、逆にシワが深くなるので気をつけましょう。

 

目元は皮膚が薄くデリケートな部分であるので、優しくしていきましょう。

 

そもそも目元にシワができやすいの、なぜなのでしょうか

 

水分を維持する層も薄く皮膚の分泌が少なく、乾燥しやすいです。

 

目元の皮膚の厚さは、か顔の皮膚の1/3となっているため、とてもデリケートな部分になります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

シワが少ない方が若く見えますよね。きちんとケアをしていくのであれば、効果のある方法だと思います。

 

気になる部分が改善されれば、毎日が楽しくなるのではないでしょうか。

 

エステサロンにかよわなくても、目元のシワを改善していけます。

 

難しいケアではないので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

身体だけではなく、顔も血行不良があるのできをつけましょう。

 

>>口元のたるみは筋力の衰えが原因?フェイスラインをあげる方法

肌のハリに良い食べ物に含まれる栄養素4つ


 

スキンケアをして肌のハリを保てさせることも重要ですが、内側からのケアをすることも大事です。

 

化粧品で一生懸命スキンケアをしても、肌に悪い食生活をしていては効果も半減かもしくは効果もないかも知れません。

 

肌のハリを内側からケアできる栄養素を含んだ食べ物は何があるのでしょうか。

 

ここで調査していきましょう。

 

肌のハリを内側からケアできる栄養素は何?

肌のハリを保たせる栄養素は何があるのでしょうか。またその栄養素を含んだ食べ物は何であるのか。見ていきます。

 

コラーゲン

コラーゲンはお肌だけではなく、血管・軟骨・骨などに存在していて色々な役割をする成分になります。

 

コラーゲンはタンパク質なので、たくさん摂取してもコラーゲンが直接吸収されるものではありませんが、摂取するのとしないのでは効果は違ってきます。

 

年齢とともにコラーゲンは衰退していくので、食事などで補っていく必要もあります。

 

コラーゲンを多く含む食べ物は、鶏の手羽先や、牛すじ、豚足などがありますが、豚足などは好き嫌いがあるかも知れませんね。

 

タンパク質

身体を構成するのに必要な成分のタンパク質は、肌の細胞もつくっています。

 

タンパク質を多く含む食べ物は、肉や魚や卵になります。食生活における基本となる食べ物になります。

 

太ってしまうから食べないという方がいるかも知れませんが、ダイエット中でも必要最低限の栄養素はとることが重要です。

 

ダイエットしすぎて肌が荒れてしまったということはありませんか?それはタンパク質が不足したことが原因になっている可能性もあります。

 

当たり前のように食べている主食は身体や肌にとって大事ということです。

 

イソフラボン

女性にはコラーゲン生成を促すホルモンを持っています。そのホルモンの分泌を促してくれるのに有効なのがイソフラボンになります。

 

誰でも知っていることだとは思いますが、イソフラボンは大豆製品に多く含まれています。

 

今は、大豆を直接摂取しなくても飲み物でも簡単に摂取できるので、積極的に取り入れていきたいですよね。

 

抗酸化作用のあるビタミンA・C・E

抗酸化作用のあるビタミンを摂取することで、ハリを低下させる要因をやっつけることができます。

 

ビタミンAはうなぎやレバーやにんじんなどに多く含まれていて、ビタミンCはブロッコリー・柿・など、ビタミンEはナッツ類に多く含まれています。

 

あまり何を食べるかを気にしすぎてしまうと余計偏った食生活にもなるので、食べたもので何を摂取できたかと考えた方が良いかも知れません。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

身体の中からケアすることも大事ですね。

 

しかし、これを摂取したからといって効果がすぐ現れるものではありません。いつも栄養バランスに気をつけ規則正しい生活をすることが重要です。

 

あとは継続し続けることです。

 

あまり気にしすぎてしまうと、負担になってしまうこともあるので楽しく何を食べるかを考えた方が、色々な効果も出やすいかもしれませんね。

 

>>飲むだけでスキンケアに繋がる!!7つの飲み物

アラフォーのための効果のあるスキンケア方法をご紹介


 

40代を過ぎてくるとお肌に対する悩みが増えてきますよね。若い頃と同じようにスキンケアしていても効果がないと感じてしまいます。

 

年齢を重ねていくことで、肌も「老化」していきます。老化は若い頃と同じでは防ぐことはできません。

 

そこで、40代ではどういうスキンケアが必要であるのか、肌の不調を改善するにはどうしたらいいのか調査していきましょう。

 

スキンケアは何を選べばいいの?

どんなスキンケアをすることが効果があるのでしょうか。

 

ここでは、40代のスキンケアのための化粧水について紹介します。化粧水は、お肌のハリやツヤを取り戻してくれるものです。

 

どういう化粧水を選ぶのか

年齢を重ねていくと水分量と皮脂量が減っていきます。そのため、しわが目立ってきたりハリやツヤがなくなるという状態になってきてしまいます。

 

大事なポイントは、保湿をして水分と油分を補うことになります。

 

では、どういう化粧水を選べばよいのでしょうか。3つのポイントがあります。

 

①肌の悩みに対し効果のある成分を選ぶ。②自分の肌質にあったものを選ぶ。③ずっと続けられる価格のものを選ぶ。ということになります。

 

肌の悩みには色々あります。その中で乾燥や小じわが気になる場合には、保湿力の高いセラミド・コラーゲンが含まれる成分が有効になります。

 

たるみやシワが気になる場合には、肌のハリを回復してくれるレチノール・ヒトオリゴペプチドが含まれる成分が有効です。

 

美白になりたい場合には、美白有効成分のアルブチンが含まれる成分が有効です。

 

それぞれ有効成分が異なるので、しっかりと確認することが必要ですね。

 

自分の肌が、乾燥肌や敏感肌の場合には特に保湿成分が含まれた化粧水を選ぶことが重要になってきます。

 

最後は、無理に高い化粧水を購入して続けられないよりは、継続して購入できる化粧水を選ぶことが必要です。

 

効果は、一瞬にして現れるものではなく継続して始めて得られることですので、自分がストレスなく購入できることも重要です。

 

正しいスキンケアの方法は?

効果のある化粧水を使用しても、スキンケアの方法が間違っていても効果が半減してしまうかも知れません。

 

そこで、正しいスキンケアの方法で効果を上げていきましょう。

 

スキンケアの方法として、

  1. 洗顔やクレンジングはぬるま湯で優しく行います。
  2. 次に化粧水をつけます。これは洗顔後すぐにつけることがポイントになります。化粧水をつけるときには、肌に浸透していくように押しつけていきます。
  3. 次に美容液をつけます。このときも優しく肌になじませていきましょう。
  4. 最後に乳液やクリームになります。ここではマッサージをしながら広げていきましょう。

 

一般的に叩いたり・こすったりすることは、スキンケアとしてはあまりよくありません。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

化粧水でも肌を改善していく効果はあります。自分の肌に見合ったものを選ぶことにより効果も上がります。

 

お肌のスキンケアをするときには、優しく包むようにしていくことが重要です。

 

決して強い刺激を与えないでください。お肌がたるむ原因につながっていってしまいすので注意しましょう。

 

>>シミは運動で改善できる?! おすすめ3つの運動とは?

 

飲むだけでスキンケアに繋がる!!7つの飲み物


 

美肌のスキンケアには外側からアプローチする化粧水や乳液と、内側からアプローチするものがあります。

 

とくに内側からのアプローチはとっても大切。

どれだけ外側から化粧水や乳液を使ってスキンケアしても、受け止めることができる器がボロボロだと効果が出にくいです。

 

からだの内側のアプローチには食べものや飲み物などお肌に良い栄養を与えることが、大切です。

 

食べものはカロリー計算をしたり料理をしたりと、忙しい生活を送っている方には続けることが難しいかもしれません。

 

その点飲み物は、手軽に飲むだけ。

毎日続けることができるのでおすすめです。

 

今回はスキンケアに繋がる飲み物をご紹介しますね。

 

スキンケアに効果のある飲み物

飲むだけでスキンケアに効果のある飲み物はどのようなものがあるのでしょうか。

アレルギーや好き嫌いもあると思いますので、自分に合った飲み物から始めてみてはどうでしょうか。

 

常温のミネラルウォーター

お肌の内側の水分補給には「水」が1番最適です。

化粧水や乳液で保湿をしても、それはあくまでも外側のケア。

 

お肌の内側の水分を維持するためには水を飲むことでしか潤いません。

 

飲む場合は白湯か常温のミネラルウォーターがおすすめ。

水分の吸収が早く、お肌の新陳代謝を促す効果があります。

 

そのためミネラルウォーターを飲むと便秘解消したりとデトックス効果やむくみ改善にもつながります。

 

お茶

お茶には「カテキン」という抗酸化作用がある成分がたっぷり含まれています。

ニキビによる肌荒れや老化を防ぐ効果がありますよ。

 

お茶の中でもとくにスキンケアに効果のあるものは「緑茶」と「ハト麦茶」です。

 

緑茶

緑茶にはビタミンCとクロロフィルという2つの美肌成分が入っています。

ビタミンCは美白美肌に効果が高いとよく知られていますよね。

 

クロロフィルは肌細胞を活性化させることでターンオーバーを促す効果があります。

 

シミやそばかす・くすみ肌を改善する効果が期待できますね。

 

ハト麦茶

ハト麦茶は普通の麦よりも栄養価が高いです。

アミノ酸やカリウム・鉄・カルシウム・ビタミンなどのバランスよく、からだだけじゃなく美肌の栄養に効果的なものばかり。

 

ハト麦茶は新陳代謝の能力を高めるため、シミやシワの改善だけじゃなく保温効果が高い。

お肌の冷えから守ってくれるので、内側からの保水効果がスムーズにできます。

 

大昔からハト麦は「いぼ取り」で有名なお茶でした。

実績のある美肌効果の高い飲み物ですよ。

 

ハーブティ

ハーブティといっても種類はさまざま。

妊婦さんも飲めるくらい安全性が高いものからお肌にとってもいいハーブティがたくさんあります。

 

とくにスキンケアに効果的なハーブティをご紹介しますね。

 

ローズヒップティ

ローズヒップにはビタミンCがたっぷり含まれています。

ビタミンCは免疫力が高く、紫外線でダメージを受けたお肌の肌細胞の修復を促してくれます。

 

シミやシワの解消だけじゃなく、毛穴やたるみの引き締め効果も高いです。

 

ローズピップティは美肌で有名な芸能人からも愛されている飲み物です。

 

ルイボスティ

アンチエイジングの代表的な飲み物、ルイボスティ。

 

ルイボスティにはスーパーオキシドジムスターゼという抗酸化成分が含まれているので、お肌の老化から守る力があります。

 

栄養価も高く、マグネシウム・カリウム・ビタミンC・カルシウムなどがバランスよく配合されています。

 

ルイボスティはスキンケアに効果があるほかに、女性に嬉しい効果があります。

女性ホルモンを促し妊娠しやすいからだに近づけるなど、妊活されている女性の味方です。

 

お酒

過度のアルコールはお肌の大敵ですが、アルコールの中にはスキンケアに効果的なものがあります。

 

ワイン

とくに赤ワインはアンチエイジングとして有名な飲み物ですよね。

 

赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれていることで、抗酸化作用による肌老化からお肌を守ります。

ニキビや肌荒れに効果的で、ストレスや紫外線による影響をシャットアウトして美肌に導いてくれますよ。

 

お肌だけじゃなくポリフェノールは老化現象による健康状態を改善すると研究結果が出ているくらい、お肌とからだにとっても良い飲み物となっています。

 

日本酒

日本酒は麹菌による発酵されたお酒。

麹菌にはお肌を活性化させる力があるのでアンチエイジング効果としてシミやシワ・たるみを改善してくれます。

 

また紫外線によるシミのもと、メラニンの生成を抑える働きがあるので美白効果もありますよ。

 

お酒はスキンケア効果があるからといって、過度に飲みすぎてはいけません。

1日1~2杯程度におさめましょう。

 

スキンケアに向かない飲み物

スキンケアに向かない飲み物もご紹介しますね。

日常生活で注意するだけで、美肌に繋がります。

 

カフェインが含まれている飲み物

カフェインが含まれている飲み物は、摂りすぎるとからだに弊害をもたらします。

とくに代表的な「コーヒー」は注意が必要。

 

1日5~6杯以上飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

カフェインは利尿作用が強く、お肌に必要な水分も維持できなくなり保湿効果が高まりません。

 

また成長ホルモンに影響を及ぼすため、お肌のターンオーバーサイクルを乱し肌細胞の生まれ変わりを阻害してしまいます。

肌細胞が生まれかわる力が阻害されてしまうと、シミや肌のくすみが蓄積されやすくお肌の老化を招きます。

 

カフェインで注意したい飲み物はコーヒーだけではありません。

栄養ドリンクも要注意です。

 

栄養ドリンクにはカフェインのほかに糖質も含まれているので、肌の糖化を促しお肌の老化に直結してしまいます。

 

冷たい飲み物

暑い日は冷たい飲み物がおいしく感じますよね。

喉の爽快感もあるので、ついつい飲みがちですがお肌にとってはよくありません。

 

常温の水はお肌の水分の吸収を早めますが、冷たい水だと吸収を阻害してしまいます。

 

またからだやお肌が冷えたことで、肌代謝が悪くなりお肌のターンオーバーや細胞の働きが鈍くなってしまいます。

 

喉が乾いたら、冷たい飲み物はほどほどにして常温や温かい飲み物を飲む習慣をつけましょう。

 

まとめ

スキンケアは飲み物を少し意識するだけで、美肌に近づくことができます。

 

からだにいい飲み物はお肌にとってもいいのです。

 

からだの内側のスキンケアを見直すことで、外側からのアプローチもより効果が高まりますよ。

 

明日からチャレンジできる飲み物ばかりなので、試してみてはいかがでしょうか。

 

それでもなかなかうまくいかないなら珠肌ランシェルも一度使ってみるのもいいでしょう。

口元のたるみは筋力の衰えが原因?フェイスラインをあげる方法


 

口元のたるみは老け顔に見られがち。

鏡を見るたびにがっかりしますよね。

 

口元のたるみは老化現象の1つだからとあきらめていませんか?

 

口元のたるみの原因は筋力の衰えとお肌の弾力の低下です。

 

口元の筋力は鍛えることで、再びピーンとハリが戻る効果が高まります。

フェイスラインもスッキリすることで、年齢より若々しい印象を与えてくれますよ。

 

今回は口元のたるみの原因とフェイスラインをあげて、たるみを改善する方法をご紹介します。

 

口元のたるみの原因は?

口元のたるみの原因は大きく2つあります。

 

・口元の筋力の衰え

・肌の弾力の低下

 

口元の筋力の衰え

顔には20種類以上の筋肉がおりかさなっていますが、口元の筋肉は主に3つの筋肉で支えています。

口輪筋(こうりんきん)、頬骨筋(きょうこつきん)、口角挙筋(こうかくきょきん)の3つです。

 

3つの筋肉が衰えてしまう原因は、老化現象の1つではありません。

3つの筋肉をしっかり動かさないために、口角が下がって見えたり、鼻と口の間が伸びるために老け顔にみられるのです。

 

口元のたるみは筋肉をしっかりと動かすことで弾力が戻り、たるみ改善に繋がります。

 

また顔には表情筋という筋肉もあります。

表情筋は無表情で筋力を使わないと、脂肪代謝がスムーズにできず脂肪としてたるみができてしまう原因にもなります。

 

肌の弾力の低下

お肌のハリは真皮層にある「コラーゲン」と「エラスチン」という繊維状のたんぱく質でできています。

 

老化現象でコラーゲンやエラスチンが衰えることも原因ですが、不規則な生活・強い摩擦による刺激や紫外線の影響が大きいです。

 

コラーゲンやエラスチンが強い刺激を受けてしまうと、繊維状のたんぱく質が正常に働かなくなり、結果お肌のたるみとなるのです。

 

口元のたるみの原因はシワやほうれい線・二重あごも引き起こすほど、影響を及ぼします。

 

口元のたるみの原因別対処方法

口元のたるみの原因は2つ。

筋力が原因のたるみに対して、お肌のケアをしてあげても効果に繋がらないこともあります。

 

原因別にフェイスラインをあげる方法をご紹介します。

 

口元の筋力を鍛える

口元の筋力の衰えに対しては、顔や口元の筋肉を重点的に鍛える必要があります。

ここでは簡単な口元トレーニングをご紹介します。

 

・準備運動―その1

  1. 親指と人差し指で左右どちらかのほうれい線を口の中と外側からつまむようにします。
  2. つまんだらプラプラと上下に揺らします。
  3. 左右片方ずつ1分ほど続けます。

 

・準備運動―その2

  1. ほうれい線があるところまで親指を口の中に入れ、人差し指・中指・薬指で肌の外側の頬部分をつまみます。
  2. つまんだらプラプラと上下に揺らします。
  3. 左右片方ずつ1分ほど続けます。

 

準備運動は口元の筋肉をほぐす効果があり、またほうれい線を改善することができますよ。

ではここからは口元の筋肉トレーニングをしていきましょう。

 

・口元の筋肉トレーニング―その1

  1. 唇をすぼめ、前に突き出すようにします。
  2. 1のまま左右にゆっくり移動させます。
  3. 左右5回ずつ繰り返します。

 

・口元の筋肉トレーニング―その2

  1. 「イー」の口にしたまま3秒維持します。
  2. 3秒したら、ぱっと口元を戻します。
  3. 10回を1セットとし、1日1~2セットします。

口元の筋肉を鍛えると同時に二重あごにも効果がありますよ。

 

・口元の筋肉トレーニング―その3

  1.  顔を上に向けて舌を突き出すようにします。
  2. 1のまま舌を左右に大きくゆっくり振ります。
  3. 左右5回ずつ繰り返します。

 

口元の筋肉を鍛える方法は日常生活を少し意識するだけで、トレーニングをしなくても口元のたるみを改善できます。

 

まずは規則正しい生活を送ること。

十分な睡眠や食生活を送ることが、からだづくりの資本になります。

 

そして食べるときは片方の歯だけで噛むのではなく、左右平等に噛むように意識しましょう。

 

肌の弾力をあげるトレーニング

口元のたるみの原因の1つ、お肌の弾力の低下には正しいスキンケアが必要です。

 

・紫外線を避ける

紫外線はお肌のたるみを招くだけでなく、お肌の老化を早める原因にもなります。

強い紫外線はお肌のハリを守るコラーゲンやエラスチンを破壊する力があるため、お肌のたるみが進んでしまいます。

 

普段から日焼け止めを常備し小まめに塗るようにしましょう。

 

・強い摩擦などの刺激を与えない

摩擦による刺激などでコラーゲンやエラスチンは破壊され、お肌の弾力がなくなります。

洗顔のとき、ゴシゴシと強い力で洗っていませんか?

 

フェイスアップとして顔のマッサージをぐいぐいと力を入れすぎていませんか?

 

摩擦による刺激でお肌のハリを維持できなくなるので、洗顔のときは泡立てた泡で優しいタッチで洗顔をするように意識しましょう。

 

フェイスアップのマッサージもたるみの原因に繋がるので、指でぐいぐいと力任せにするよりも美顔ローラーなどを使うほうがおすすめです。

 

・保湿をしっかりと行う

お肌のコラーゲンやエラスチンには保湿を十分に行うことが大切です。

普段の化粧水・乳液を十分にすることでお肌の潤いが保て、たるみ予防に繋がります。

 

最近はコラーゲンが入った美容液もあるので、手軽に保湿を補える商品も出てきていますよね。

お肌に合った美容液を選ぶことが重要です。

 

・規則正しい生活を送る

過度な食生活や寝不足は、お肌のターンオーバーサイクルを乱します。

 

ターンオーバーサイクルが乱れると、お肌の新しい細胞が生まれにくくコラーゲンやエラスチンを維持できなくなります。

 

規則正しい生活を送ることが、口元のたるみの解消にも繋がります。

 

まとめ

年齢が上がるにつれてお化粧を頑張ってもお肌のたるみで、台無しなんてこと多いですよね。

 

口元の筋力を鍛え直すこと、正しいスキンケアで、たるみは改善できます。

老化現象だからとあきらめないでください。

 

フェイスラインがあがるとたるみだけじゃなく、顔のしわ改善にも繋がりますよ。

まずは毎日の簡単なケアでたるみのない顔を目指してみませんか。

 

>>目元のシワを改善される4つの方法とは?

シミは運動で改善できる?! おすすめ3つの運動とは?


 

シミのない美肌を保つにはスキンケアが重要と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

シミ改善にはスキンケアも重要ですが、質の良い食事や睡眠、そして運動が大切です。

 

スキンケアだけを重点的に頑張っても、美肌を保つお肌の細胞が元気がなくては意味がありません。

 

質の良い食事や睡眠はお肌にとっていいと聞きますが、シミに効果のある運動はなかなか聞き慣れませんよね。

 

運動もシミ改善の重要なケアです。

高いスキンケアを試す前に、まずは手軽に始めることができる運動から試してみませんか?

 

今回はシミに効果的な運動についてご紹介いたします。

 

運動不足がシミを招く?

シミの原因は紫外線やホルモンバランスの乱れだけじゃありません。

運動不足が原因でシミを招ねいているかも知れません。

 

逆に運動はお肌にとってもシミ改善にとってもいいことだらけ。

運動とシミの関係についてお話ししますね。

 

運動でリンパの流れを改善

リンパはからだにはもちろん、顔にも流れており老廃物をお肌の外に出す役目があります。

リンパマッサージはお肌に良いと聞きますよね。

 

運動により筋肉を使うことでからだや顔など全身のリンパの流れが良くなるのです。

まるでリンパマッサージをしているかのように、流れがスムーズになるのでシミやくすみが排出されやすいです。

 

運動不足でリンパの流れが滞ってしまうと、老廃物や細菌など異物の代謝が悪くなるためニキビやシミ・色素沈着が起きやすい状態になってしまいます。

 

わざわざリンパマッサージをしなくても、運動するだけで筋肉がリンパを刺激し代謝を活発にすることがシミ改善に効果がもてますよ。

 

運動で血流改善

運動不足で招くお肌のトラブルは血流が悪くなること。

血流が悪くなると、お肌のターンオーバーのサイクルが乱れ肌の生まれ変わりができなくなってしまいます。

 

ターンオーバーとは内側から外側に向かって肌の生まれ変わりを繰り返します。

外側に向かって角質としてシミが排出されるため、ターンオーバーはシミ改善にとっても重要なサイクルです。

 

ターンオーバーはお肌の血流が重要で、サイクルが乱れると上手に角質を排出できず結果シミが停滞したままの状態になってしまいます。

 

運動で血流が良くなるとシミのないお肌に導いてくれるだけじゃなく、透明感やハリも出てきます。

 

シミに効果のある運動とは?

スキンケアを頑張っていてもなかなか改善しないなら、運動不足が原因かもしれません。

ここではシミに効果的な運動をご紹介しますね。

 

有酸素運動

有酸素運動は酸素を取り入れながら全身の筋肉を動かすため、新陳代謝が活性かされやすいです。

代謝がいいと老廃物を排出する力が高まるので、お肌には有酸素運動は必要な運動です。

 

有酸素運動といっても気負わずにまずは簡単な運動から始めてみましょう。

ウォーキングは両手を自然に大きく振りながら大股で歩くだけで有酸素運動になります。

 

ウォーキングは全身の筋肉を動かすため、血流やリンパの流れが良くなるのでシミ改善に効果的です。

 

運動する時間がない方でも通勤や日常の歩きを少し意識するだけで、ウォーキングになります。

慣れてきたら、しゃべることができるくらいのペースでジョギングへレベルアップするとより有酸素運動の効果が高まりますよ。

 

有酸素運動ではヨガもおすすめです。

全身の筋肉をゆっくり呼吸をしながら伸ばすので、代謝も良くなりシミ改善に効果的です。

 

ヨガはお肌だけじゃなく、心のストレスも改善してくれるので美肌効果が高い運動です。

 

無酸素運動

無酸素運動はお肌の細胞を活性化させる成長ホルモンを分泌しやすくしてくれます。

成長ホルモンとは新しい肌細胞を作る働きを担っています。

 

成長ホルモンがうまく分泌されないとターンオーバーのサイクルが乱れやすく、お肌のシミやくすみが停滞しやすい状態となります。

 

シミに効果的な運動には有酸素運動と一緒に無酸素運動をバランスよくすることで効果が上がりますよ。

 

無酸素運動は主に筋肉トレーニングといわれるものが多いです。

 

腹筋や背筋、腕立て伏せなど自宅で簡単にできる運動をおすすめします。

 

寝る前のストレッチとして腹筋や背筋をするだけでも体力に自信のない方にも簡単にできるので、美肌に近づけますよ。

 

慣れてきたらレベルアップ

運動不足の方は、週1回から軽めの運動から始めてみましょう。

慣れてきたら、徐々にレベルアップをおすすめします。

 

運動は水泳やテニス・バスケットボールやバレーなど全身を動かす運動が、お肌にとって効果的です。

 

とくに球技や団体戦は、多くの方と一緒にすることで運動が苦手な方でも楽しめますよ。

 

まとめ

自宅でできる運動から、外で思いっきり汗をかく運動などをご紹介しました。

運動ってダイエット目的や運動不足解消の方が多い中、お肌のためにされる方って少ないのです。

 

運動によるお肌の効果は高いのに、試さないともったいない。

お肌のためにスキンケアを頑張っても効果がないという方、お肌の細胞活性から見直してみましょう。

 

運動を毎日続けることは難しくても週1回から始めてみませんか?

 

>>飲むだけでスキンケアに繋がる!!7つの飲み物